26 7月 2021

今年上半期を総括する経営会議をオンラインで開催

2020年初頭から、新型コロナウイルスの流行で、日本とベトナム両方が受動的な予防の状態にあります。AKB合弁事業におけるベトナムと日本の2つのパートナー間の定期的な会議は完全にオンラインになりました。

2021年7月13日に、AKB合弁事業の上半期の生産とビジネスの状況を総括するための経営会議は、ハノイと長崎、広島をオンラインで接続し開催されました。

AKB社長の報告

参加者は2021年前半の経営実績の報告、市場の不安定な状況に関する報告、日本とベトナムの労働力変化の状況、今年上期の売上と利益に関するレポートを確認しました。

これにより、合弁会社の2021年上半期の売上は2020年の同時期に対し8%増加し、利益は7%増加しました。そして、設定された計画を達成しました。

新型コロナウイルスの流行による事業への影響に関する項目では、ベトナムと日本の2つの市場間で適切な人材を配置する計画及びAKBでの社員教育に関し合意しました。

会社の総務担当者、経理担当者、通訳者向けのプログラミングトレーニング

AICグループ記者

Goto Top